映像編集の求人で求められること

映像編集は慢性的に人手不足の業種ですので、求人を探すことはそれほど難しくありません。

しかし、映像編集業に興味を持っていても、まったく経験がないような場合、求人があっても応募することを躊躇ってしまう方もいるはずです。

映像制作の実績情報を利用しましょう。

ただ先述したように映像編集業は慢性的に人手不足ですので、必ずしも経験者でなければいけないというわけではありません。

Yahoo!ニュースの情報探しをお手伝いします。

もちろん求人募集要項に経験者のみや即戦力募集といった記載があれば話は別ですが、未経験歓迎となっているのであれば、経験がなくても採用される可能性は高いといえます。なぜなら、映像編集の求人で求められることは、技術や経験よりもこの業界で働きたいというやる気だからです。



経験があってもやる気が感じられない人と未経験者でもやる気を感じられる人が応募してきた場合、どちらが採用されるのかというと後者の方というケースも珍しくありません。


その背景にあるのは慢性的な人手不足にあります。
慢性的に人手不足ということは人手を採用しても辞めていく人が多いということに他なりませんので、出来るだけやる気を持って仕事に長く取り組めるような人材が求められているのです。ですので、全くの未経験者でも十分なやる気をアピールすることができれば、映像編集業に携われる可能性はあります。
ただし、未経験者の場合、最初はアシスタントなど雑務が多くなることもありますが、それも勉強と思って実際の現場で技術や経験を身に着けていくとよいでしょう。